スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣戦布告


「単なる仲の良い先輩後輩です。」

仲を尋ねられるたび、まるで合言葉みたいに二人がいう言葉。

それでいいの?と彼女は自分に問いかける。
それでいいのか?と彼は自分に問いかける。

でも……
でも……


「「実際そうだから仕方がない」」





* * *




ずっとずっと忘れてた。
愛を拒否していたせいで忘れてた。

人を好きになるって、案外とっても簡単だっていうこと。
やさしくされて。
甘やかされて。
思わせぶりに触れられたら。

心なんて簡単に揺さぶられて
出来た隙間に入り込まれてしまう。

そうして気が付けばあっという間に心のすべてを奪われて。
その人のことしか考えられなくなる。

それがあの人のすることなら、なおさらそう。
誰もがそう。
私だって………そう。

経験豊富で頭がよくて、計算高いあの人は
きっとそれくらい熟知しているだろうに。
まるでわざと私を好きにさせようとしているみたいに。
やさしい言葉を耳もとで囁いて。
じゃりじゃりの砂糖菓子みたいに私のことを甘やかして。
そのうえ――――
頬に、髪に、唇に。
思わせぶりに触れてくる。

でも、知ってる。
ちゃんとわかってる。

きっと、それで本当に好きになっちゃったら。
その時点で切り捨てられちゃうんだろう。

あんなのぜんぶ冗談だよ。
からかっただけだよ。
本気にしたの?ごめんね。
なんて、あっさりくっきり言われちゃうんだろう。

だからダメ。
好きになっちゃダメ。
やさしくされちゃダメ。
甘やかされちゃダメ。
触れたら……ダメ。

それなのに――――


*


背中がぞくぞくする。
ものすごい速さで血液が身体を回る。
落ち着け、私。

ちょっとやさしくされたくらいで。
ちょっと甘やかされたくらいで。
ちょっと……大人のキスを……されたくらいで………

こんなにドキドキしてどうするの?
こんなに焦ってどうするの?

私よりずっとずっと大人のあの人には
きっとこんなこと、単なる日常のヒトコマぐらいの出来事でしかないのに。

だからこのキスだって。
冗談みたいなもの。
挨拶みたいなもの。
きっとそう。
誰にでも………する……もの……………

あれ?
おかしいなあ。
どうしてこんなに涙が出ちゃうんだろう。
わかりきったことだったんだから。
悲しいはずなんてないのに。
悔しいくらい切なくて、苦しくて。

たまらない。

どうして好きになっちゃったんだろう。
いつのまにかこんなに好きになっちゃって。
どうしたらいいかわからない。
崩れ落ちそうなほどあの人が好き。
好きで。
好きで。
たまらない。
それなのに。それだから…………。



「ごめん、つい。」


――――そんな言葉聞きたくなかった。





* * *




ほんの一瞬のことだったのに。

唇の柔らかさが
絡まる舌の感触が
唾液の甘さが
一気に全身を揺るがせた。

そんなことしちゃいけないと。
したらもう止められなくなると。
わかっていたのに、抑えられなかった。

あの柔らかさが忘れられない。
あの甘さが忘れられない。
あの温もりが……忘れられない。


間近で揺れた彼女の笑顔。
小首を傾げて、目元を染めて。
まるで煽ってるみたいに艶やかに輝く唇。
それがあんまり可愛くて、魅力的で、目に焼き付いて。
つい耳もとで「食べちゃいたいくらい可愛いね」なんて揶揄った。
いや、揶揄ったつもりだった。

「……うそっ」

俺のたったひと言に、信じられないほど顔を染め、小さな声でそう叫ぶ。
その姿を見たら、もう止められなかった。
溢れ出した想いに押し流され、気がついたら君の唇を奪いとってた。

何度も何度も、角度を変えて口づけて。
柔らかな唇を味わい、逃げようとする舌先を突き、甘い咥内に入り込む。
息も絶え絶えになるほど、恍惚とした時間。

のめりこむように夢中になって、ハッと気づいた時にはもう遅かった。
これでもかというほど目を見開き、呆然と俺を見つめる君。
その姿に胸が引き攣るほど軋む。

「ごめん、つい。」

口をついて出た言葉。
それなのに俺は、謝る端から全く逆のことを考えていた。

「つい」なんて嘘だ
先輩という仮面の下で俺は、ずっと隙を窺っていたんだ。
君が悪い。
君がいけない。
自分を好きな男の前であんなにも無防備にふるまうから隙を狙われるんだ。


「ひどいっ、ひどいですっ、好きなのに。私はこんなに………」

―――――嘘、だろ。


思う間もなく逃げ出しかけた君の身体を掴みとる。
抱き寄せて。
抱き締めて。
頭の後ろに手を回し、
嫌がる顔を上向かせて。

そしてもう一度キスをした。

抵抗したって離してなんかやらない
第一、離せるわけがない。


「ずっと好きだったんだ。だから我慢できなかった。限界なんだ。俺は君を……君だけをずっと……」


うわごとのようにそう言って。
ただただ唇を奪い続ける。
やがて抵抗をあきらめた彼女の唇をたっぷりと堪能しながら俺は………。
なんかもうこのまま死んでもいいかもしれない、なんてふざけたことを頭の片隅で考える。
それくらい彼女の唇は――――俺に幸せをもたらした。


そうしてようやく唇を離したときには、頬をひどく火照らせた彼女は怒ったような困ったような複雑な顔をしていて。
半分涙目の瞳が、俺を突き刺すように見つめていた。

「全部、忘れますから。冗談だってちゃんとわかってますから。」

眉間にキュッと皺をよせ、挑むように彼女は言う。
だから即座に俺は宣戦布告した。

「言っておくけど、さっきのはぜんぶ本当。俺はもうただの先輩に戻るつもりはないから。」

今の君にこれ以上何を言ってもきっと聞く耳をもってやしないだろう。
それが証拠に、ぷるぷると首を左右に振って。
今にも逃げ出しそうに構えている。

いいよ、わかった。
今日はこれで勘弁してあげる。
でも…………



明日から覚悟してね。最上さん。






fin
スキビ☆ランキング ←参加してみました。よろしくお願いします。
関連記事

コメント

  • 2016/11/06 (Sun)
    08:43
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。