【雑記】 徒然&本誌感想など

こちらは近況報告&超雑談的な本誌ACT.238の感想?となります。


こんばんは。
いつもたくさんの拍手やコメント、閲覧ありがとうございます。
夏はとくに体の動きも頭の中身も“活動停止”になりがちな私ですが。皆様から拍手やコメントをいただくたびに、「いやいやもうちょっとがんばろう」とやる気をいただいています。
本当にありがとうございます!

7~8月ですが、じつは仕事もプライベートもけっこう忙しくなかなかお話を書く時間がとれていません。
(頭の中ではいろいろ妄想しているんですけど、なかなかしっかり文字に落とし込めないこともあり……汗)
週末もずっと予定が入っているため、更新頻度がかなり下がってしまうことと思いますが、どうかお許しくださいませ。

とはいえ連載も短編も、時間の隙間を見つけて何とか書けるようがんばりますっ!


さて待ちに待った本誌が出ました♪
発売からだいぶ経ってしまいましたが、今回も独り言(雄叫びともいう)みたいな感想をお届けしたいと思います。
たいしたネタバレにはならないと思いますが、ほんのわずかでも「内容を知りたくなーい!」というコミックス派の方はこれより先は読まないでくださいね!










今回のタイトル画像は竹刀を手にきりりときまったモー子さん。

こうしてみると思うのは、
「モー子さんと冴菜さんってなんだか似てる?」っていうこと。

見た目の雰囲気も、ある意味ツンデレな性格も。
なんだかちょっとかぶる気がするなあ、と。

もちろんキョーコちゃんがモー子さんを大好きなのは出会いからこれまでに培われた“友情”の賜物とわかってはいるけれど、どこかに母への思慕の欠片をモー子さんに投影している面もあるのかな?なんて思ってしまいました。

おっといけない、脱線脱線^^;


さて、今回前半はモー子さん×キョコちゃん×飛鷹くん3人揃い踏みでとにかくがっつり“修行”。
さりげなーくキョコちゃんの運動能力の高さが織り込まれ、ついでに飛鷹くんの成長っぷりもみられる、“演技”ネタ中心の内容で、初期のスキビ的テンポの良さがちょっと嬉しかったです♪
(敦賀さんの出番がないのは残念すぎるけど)

にしても飛鷹君は可愛いなあ。
中一であの身長(頭のてっぺんがモー子さんの胸の下って……可哀想すぎる)は本人的にはかなーり不本意だと思うけど、うちの旦那も中1から6年で35cmくらい伸びたらしいからがんばれ!

ただ……「ティーなフィールがブレイクしねぇ」っていう表現はおっしゃるとおり「バカっぽい」と思う。
というか何を言いたいのかしばらく考えても意味がわからなかったっす。


そして後半はまたがらりと画面が変わり病院へ。
キョコちゃんのお見舞い相手は、ちおりんのマネージャーさん(すっかり忘れてた!)
ちおりんがマジスカ出演を楽しめるようになったのは、キョコちゃんの進言のおかげだとくれた花丸100点満点。
そういえばキョコちゃんってちおりんのことはまだ「天宮さん」呼びだったのね。
その辺の距離感がいつ埋まるのか、ちょっと気になったりもします。


で、それよりもっと気になったのが、ラストに登場した車椅子の女性。
キョコちゃんの驚いた表情。
「凶器な色の例のツナギ」という女性のセリフと口ぶり。



いったい誰だろうという感じですが、やや年配?という雰囲気を感じるので個人的には上尾君子さんか飯塚寛子さん辺りかなあと思ったり。
上尾君子さんが病気で一気に痩せてしまっている(そのため車椅子)というのが私の第一予想かな?

いずれにせよこれがまた一つの“山”の始まりのようですし、キョコちゃんと冴菜さんもしくは御園井さんが絡んでくる展開になっていくのかなあとドキドキしてます。


ただ…………

敦賀さんの出番がヒトコマもなかった!!!!(号泣)



とりあえず展開はどうあれ、次号はぜひ敦賀さんの登場をお願いします!先生!

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する