スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[拍手再掲] そんな朝が

※こちらは、数年前からずっと拍手御礼として掲載していた作品です。
拍手ページ入れ替えのため、こちらに再掲しました。

ちなみに成立後です。


あなたよりも

ほんの少しだけ早く起きるのが好き


ゆっくりと目を開けかけた耳元で、規則正しい寝息のリズムが刻まれる

緩やかに

穏やかに

額を掠める息を確かめていくうちに、ぼやけていた視界が次第にはっきりとしてくる

いつだって最初に目に入るのは、閉じた瞼の先で震える長い睫毛

生え際まではっきりと見ることができるこの場所にいられること

ただそれを想うだけで、きゅぅと胸が痛くなる


やがて大きく身じろぎし、目覚めの時を迎えるあなた

「おはよう」と小さく囁けば、

寝ぼけ眼のまま微笑みを浮かべ、私の身体を強く抱き締めてくれる


そんな朝が好き








君よりも

ほんの少しだけ遅く起きるのが好き


ゆっくりと目覚めを待つまどろみのなかで

指先から腕に

腕から胸に

伝わってくる君の温もりを噛みしめる

いつだってこの腕に感じていたいのは、嫋やかな君の感触

伸ばさなくとも手の届くこの場所にたしかに君がいること

ただそれを信じられるだけで、ぎぅと胸が苦しくなる


やがてさらさらとした君の髪が頬を撫で、俺は目を開ける

「おはよう」と囁き返せば

君の微笑みが視界を埋め尽くし、吐息が耳元をくすぐるように擦り抜ける


そんな朝が好き








そんな朝が
   そんな朝が


――――――何よりも好き





fin
スキビ☆ランキング ←参加してみました。よろしくお願いします。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。