スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【捧】sei様に捧げる、「30行くらいで告白しちゃおう企画」SS

※最初のUPより少し変更してます。ゴメンナサイ。

こちらはAmebaで大スキビサイトを運営していらっしゃる魔人様ことsei様に、一周年記念に捧げさせていただきました。
1周年、おめでとうございます!
遅ればせながら、そしてささやかながらお祝いの気持ちをこめて、私も「30行くらいで告白しちゃおう企画」に参加させていただけますか?
みなさんの素敵SSを読ませて頂き、かな~り躊躇してたのですが……。
お祝い花火の落ちていく火花の欠片ぐらいにはなれるか……なりたい……してください!と思い、無理やり押し付けちゃいます♪



「もう……明日なんですね。出発。」
「うん。ハリウッドの話が決まってから今日まで、本当にあっという間だったよ。」
「敦賀さんがいらっしゃらなくなるなんてみんな淋しがります。」
「みんな、か。……最上さんは?」
「もちろん、私もです!そんなの当然じゃないですか!」
「くす。ありがとう。でも、1年したら戻ってくるから。」
「1年は……長いですよ。」
「そうだね。本当に……長い。」
「……です。1年も敦賀さんがそばにいらっしゃらないなんて。ほんとに……さびしい、です。それに……ハリウッドに行かれたらもう戻ってらっしゃらないんじゃないかって、そんな話も聞くから……。」
「そんなことはないよ。絶対戻ってくる。」
「本当、ですか?」
「ああ。俺の拠点は日本だからね。それに……。」

――夜の帝王降臨――

「……あっ!あ、あの!……留守中のお宅の件。私が使わせていただけるって……。」
「(ちっ)ああ。ちょうど君が引っ越しを考えてるって聞いたから。新しい住まいは、あそこにいながらゆっくり探せばいい。」
「でも、ご迷惑じゃ……。」
「気にしなくていいよ。家も部屋も、使わないとどんどん傷んでいくものだからね。逆に君に使ってもらえることになって、助かるのは俺の方なんだ。使うのが君なら、ほかの誰より安心だよ。」
「そう言っていただけると嬉しいです。でも……私で……本当によかったんでしょうか。もっと……ふさわしい方がいらしたのでは?」
「間違えないで。俺のほうがお願いしたんだよ。第一……君で、じゃない。君が、よかったんだ。」
「そう言っていただけると安心します。」
「安心……か。ああ、なんならそのままずっと住んでくれてもかまわないんだけどな。」

「は?」

「俺が戻ってからもずっと。」

「……え?」

「どうしたの?顔が固まってる。あ、そうそう最上さん。もうひとつ君に渡しておきたいものがあるんだ。」
「は、はい!なんでしょう!敦賀さんからのものでしたら、私どんなものでも大切にしっかりお預かりします。」
「くす。ありがとう。あのね。それは……すごく大事なものなんだ。だからぜひ最上さんに持っていてもらいたくて。」
「そんなに私のこと信用していただけるなんて、光栄ですっ!」
「ふふっ、そうだね。それはどうしても君にしか渡せないものなんだ。」

「はい……?」

「君が持っていてさえくれれば、俺は安心してハリウッドでがんばれる。」
「いったい……なんですか?」
「もし受け取ってくれたら……俺が戻ってきたあとも返さなくていいから。……というか、むしろずっと持っていてもらいたい。」
「ずっと……ですか?」
「うん、そう。……あのね、最上さん。よく聞いてね。」
「はい。ちゃんと聞いてますよ?」

「俺の心を……俺の心を君に預けるから、どうか受け取ってくれないか。」


「…………………………え?…………………………(固まる)」


「ご、ごめん。突然だったよね。でも……「あっ、あの……そうじゃなくて。そうじゃなくて、あの……そしたら……、そうしたら敦賀さん!」」
「……なに?」
「あの……かっ、かっ、代わりに…………代わりに私の心を持っていってくださいませんか。」


「…………………………え?…………………………(固まる)」


「えっと、その、だから……」
「最上さん……。」
「……敦賀……さ…………んぐっ」






Fin
スキビ☆ランキング ←参加してみました。よろしくお願いします。

最後の「んぐっ」は抱き寄せられたのか、それともキスされたのか。……はたまた両方か?その答えはsei様にお預けいたします^^
一周年、本当におめでとうございます!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。