未来日記 ~たんじょうび~

親子ネタなので、苦手な方はスルーしてくださいね。
また、今の蓮さん&キョコちゃんとはイメージがだいぶ違うかもしれません。
それでもOKという方のみ、お進みください。


「パパ、お誕生日おめでとう!」

「ああ、ありがとう。」

「・・・ねえ、パパ。」

「ん?なんだい?」

「今日はパパの誕生日だよね?」

「そうだよ。それがどうかしたかい?」

「おかしいなあ・・・。」

「くす。どうしたんだ?そんなに不思議そうな顔をして。」

「あのさ・・・。お誕生日って、お誕生日の人が一番うれしい日だよね?だってプレゼントいっぱいもらえるし。」

「ははっ。たしかに、そうかもな。」

「でしょ?だから僕は、今日はパパが一番ハッピーだと思ったの。」

「そうだな。たしかにお前に祝ってもらってパパすっごくハッピーだよ。」

「だよね?それなのに、ママは違うっていうんだよ。」

「ママが・・・違うって?」

「うん。あのね、ママはね。今日世界で一番幸せなのはパパじゃなくてママだって。」

「え?ママ、そんなこと言ってたのかい?」

「うん。おかしいでしょ。だから、僕ね。どうしてって聞いたの。」

「うんうん。」

「そしたらね。大好きなパパが生まれてきてくれた日だから、って。」

「ママが?そういったのかい?」

「うん。あのね、ママはね。パパが生まれてきてくれて、ママを見つけてくれて、すっごく幸せですっごくうれしいんだって。パパがいなかったら、きっとこんなに幸せになれなかったから、って。
だから、パパが生まれてきた今日は、ママにとってなによりも幸せな日だって。自分の誕生日よりも、だよ!」

「そう、・・・か・・・。」

「ね?ヘンでしょ?でもね。そしたらママ、僕の誕生日も僕よりずっと幸せだっていうんだよ。お誕生日本人の僕より、ずっとずっと幸せで、ずっとずっとうれしく思ってるんだって。」

「それってそんなにヘンなことかい?」

「ヘンだよ!でもね・・・僕、それ聞いて、なんだかすっごく嬉しくなっちゃったんだ。ここがほわーんってあったかくなってきて、ついにこにこしちゃうんだよ。・・・でね。思ったんだ。」

「なんだい?」

「パパの誕生日は、僕もすっごくうれしくってすっごくハッピーだよ!ママに負けないくらい!僕、パパとママのこどもで、ほんとに最高に幸せだと思うんだ。パパ、生まれてきてくれてありがとう!僕のパパになってくれて、ありがとう!」

「・・・・・ありがとう。パパ・・・、パパ・・・すっごくうれしいよ。」

「ほんと?よかった!パパだいすき!!」

「パパもお前のことが大好きだよ。お前も、ママも、大好きだ。」

「わっ、うわっ、パパどうしたの?そんなにぎゅっとされたら痛いよ!!」

「おっと、ごめん。ごめん。つい、うれしくなっちゃって。」

「しょうがないなあ。」

「ごめん、ごめん。あのな、でもちゃんと聞いてくれるかい?」

「なあに?」

「・・・ママの誕生日もお前の誕生日も、パパにとって自分の誕生日よりもっとずっと・・・最高に幸せな日だよ。でもそれだけじゃない。パパは2人といられる毎日がぜーんぶ最高に幸せなんだ。」

「そうなの?」

「ああ。だって、2人のことが大好きだからね。大好きで大好きで、食べちゃいたいくらい。」

「わわっ、だからってほっぺたかじらないでよ!」

「あははっ。これくらい、誰よりも何よりも、2人は大切なパパの宝物なんだって言いたかったんだよ。」

「っ、もう。しょうがないなあ。でも僕、なんだかまた胸のとこがほわんってあったかくなってきちゃった。」

「パパもだよ。じゃあ、二人でママのほっぺたをかじりに行こうか。きっとママもほわんってするからね。」

「そうかな?そうだよね?うんっ!行く!それで、ママのこと、がぶがぶかじっちゃう!」

「よし!じゃあ、行こう。」

「うんっ!」





fin

スキビ☆ランキング ←参加してみました。よろしくお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する