スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばかっぷるのおおみそか

「ねえ、キョーコ。」

「なんですか、蓮さん。」

「今年ももうすぐ終わりだね。」

「そうですね。今年もいっしょにいてくださって、ありがとうございました。」

「ううん。俺のほうこそいっしょにいてくれてありがとう。こうしてキョーコと2人で年を越せるなんて本当に幸せだよ。」

「・・・・あ、あの、私も幸せ、です////」

  ちゅっ

「でも、少し淋しい気もするな。」

「・・・?ああ、そうですね。たしかに1年の終わりって少し淋しい気はしますね。」

「だろう?今年のキョーコとはもう二度と会えないんだと思うと、俺はほんとに淋しいよ。」

「・・・は?」

「最近、毎朝目覚めると考えるんだ。ああ、昨日のキョーコにはもう会えないんだな・・・って。」

「な・・・なにいってるんですか!?」

「今日の君に会えるのはうれしい。明日の君に会えると思えば、それだけで幸せになる。でもね、昨日の君も、一昨日の君も、その前の君も、みんな、みんな愛しくてたまらないから、その君にはもう記憶の中でしか会えないのが淋しいんだ。」

「・・・えっと、あの・・・。」

「だからね。せめて後悔のないよう、俺は毎日、今目の前にいる君を精一杯愛し尽くしたいって思うんだ。受けとめてくれるよね?」

「・・・ハ、ハイ・・・。」

「そんな風に思うのも、君があまりに毎日変わっていくのがいけないんだよ。わかる?」

「え?あの、私、そんなに日々変わっていってますか?自分ではちっともそう思わないんですけど・・・。」

「ああ、変わっていってる。それも、ただ変わってるんじゃない。どんどんきれいになっていってる。」

「・・・え?」

「びっくりするほど毎日きれいになっていって・・・。それはそれでうれしいけど、心配でもあるんだ。」

「あ、あの・・・。」

「ん?なんだい。」

「心配以前に、そ、そもそも、そんなことないです。」

「なにが?」

「毎日きれいになっていってるとか、そんなこと・・・。き、きっとメイクとかのせいでそんな気がするだけです!」

  ちゅっ

「メイクなんかが理由じゃない。そのままのキョーコが毎日どんどんきれいになってるよ。だから、俺は毎朝新しい君に恋をし続けてる。昨日より今日、今日より明日、どんどん好きになってる。
ねえ?俺の言うことが信じられない?」

「信じられない、っていうわけじゃ・・・ない・・・です・・・けど・・・。でも、言い過ぎっていうか。きれいに見えるのはきっとコスメデマジック効果に違いないというか・・・。」

「ふうん・・・コスメデマジック、ね。そんな風に君が変わっていくのは、俺といっしょにいるからなんだって、俺と恋愛しているからなんだって、俺はそう信じてたんだけど。

・・・違うの?」

「ちっ、ちがわな・・・/// ・・・あ、あの蓮さんが、私を変えたのは事実で、だから、日々き、きれいになっているとしたら、それは蓮さんのおかげ、だと思いますけど。あ、あの・・・私、き、きれいに・・・なっていってますか?」

  ちゅっ

「うん。むかつくくらいに。」

「・・・え?むかつく・・・?」

「ああ。どんどんきれいになっているのに、君はそうやって自分の価値をちっとも理解しないだろう?だから・・・。」

「だから?」

「そんな君のせいで、俺がどんなに大変な思いをしていることか。ハア・・・・」

「大変・・・ですか?」

「まったく、それだから。
いいかげんわかってもらわないと困るんだけどな。」

「?」

「いいかい?そうやって無頓着に無意識に、君が辺りに魅力をまき散らしてくれるせいで、どれだけたくさんの馬の骨が生産されていることか。俺がどんなに頭を悩ませて、そいつらを蹴散らすことにどんなに必死になっていることか。
もう、わからないとは言わせないよ。」

  ぎゅうーーーっ!ちゅっ

「きゃあ!そ、そんなに強く抱き締められたら痛いですっ!」

「だーめ。離さない。君がちゃんとわかってくれるまで、このままお説教だ。・・・それに、もうすぐ12時だしね。」

「え?・・・あ、ほんとだ。もうすぐ年が明けますね。」


・・・そう、もうすぐ年が明ける。
新しい年の始まりだ。
だから、このまま抱き締めて君に1年越しのキスをしよう。

今年の君も、来年の君も、ぜんぶ俺のものであり続けるように。
その想いをちゃんと君に伝えられるように。

長い、長い、キスをしよう。

いつまでも続く愛をこめて。


君にキスしよう。





fin

スキビ☆ランキング ←参加してみました。よろしくお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。