スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来日記 ~いつもの~

親子ネタなので、苦手な方はスルーしてくださいね。
また、今の蓮さん&キョコちゃんとはイメージがだいぶ違うかもしれません。
それでもOKという方のみ、お進みください。


「パパ、パパ!」

「ん?どうした?まだ、起きてたのか。」

「あっ、お仕事中にごめんなさい。」

「いや、だいじょうぶだよ。もうホンは読み終えたから。それで、いったいどうしたんだい?」

「あのね・・・。ママね、おつかれさまみたいなの。」

「お疲れさま?」

「うん。ソファでうとうとってしてるんだ。だからいつも僕にしてくれるやつ、やってあげて。」

「してくれるやつ?」

「うん。ほら、こうやってふわってもちあげて、だっこしてくれるやつ。それでベッドまで連れてってあげてほしいの。」

「ふふっ。わかったよ。今いく。」

「うん。それでね。あと、ママのことぎゅっとしてあげて。」

「ん?どうしてだい?」

「だってママ、むにゃむにゃしながらパパのこと呼んでたんだもん。」

「パパのこと?」

「うん。あのね。僕もときどきベッドの中でパパのこと呼びたくなるからわかるんだ。それって、さみしいときやこわいときなんだよ。
でも、そういうときパパにぎゅっとしてもらったり、いい子いい子してもらうと、気持ちがほわーんってして、その日はちゃんといい夢見れるんだ。」

「そうなのか。」

「うん。だからパパ、ママのことぎゅっとして、それからいい子いい子してあげてくれる?」

「いいよ。じゃあ今日はパパ、ママをずーっとぎゅっとして眠るから。」

「よろしくね。パパ。」

「まかせておけ。で、お前は大丈夫なのかい?」

「うん。僕はね、男の子だし、もうおにいちゃんだからひとりでも大丈夫。だからパパ。かわりにママのことよろしくね。ママは女の子だから、僕たちでたいせつに守ってあげなくちゃいけないんだ。」

「わかったよ。今夜はパパがしっかりママのこと守るから。だから、お前はもう寝なさい。」

「うんっ。じゃあ、おやすみ、パパ。」

「おやすみ。」




fin

スキビ☆ランキング ←参加してみました。よろしくお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。