スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺れ居て恋ひつつあらずは… (後編)

車を出たとたん、ゴオゴオと音を立てて耳もとを風が吹きぬける。
あらゆるものをひっくり返し、混乱させ、揺るがすほどの強い風。
立ち向かうように髪を靡かせ、蓮は歩みを進めた。
スポンサーサイト

遺れ居て恋ひつつあらずは… (中編)

※一部改稿済

パソコンが修理からまだ戻らず、なかなか思うように書き進められません。
そのうえコンビ組んでる同僚の退職が突然決まり真っ青に。年初に大枚はたいてお祓いしたのに意味なかったよ~(嘆
そしてこちらのお話。あっさり終わらせるつもりだった敦賀さんの過去をついつい書きこんでいたら予想をはるか超える長さになってしまいました。そのせいでタイトルになっている和歌の意味合いと少々ブレが出てきております。
もしかしたらもう1首、限定混じりでお届けするかもしれません!そんなぼろぼろ状態で恐縮ですが、読んでいただけたら嬉しいです。




続く沈黙とともに、景色がどんどんうしろに流れていく。
刷毛で塗ったように連なっていた緑はまばらに薄れ、やがて建物の灰色が混じり始めた。
駅はもうすぐそこまで近づいている。

蓮は黙ったまま、そっと目を閉じた。

遺れ居て恋ひつつあらずは… (前編)

こちらは「家にありし櫃に鑠さし…」の続きになります。そちらを読んでからお読みください。
思いのほか長くなりそうでびびってますが、おつきあいいただけたら嬉しいです。



5年ぶりの日本は、相変わらずひどい喧騒に満ちていた。
出迎えの人だかりをかき分け、迎えの車に乗り込む。
はじめは、それほど変わりばえないように思えた街並み。
それが見知った場所を走りはじめたとたん、驚くほど色あせていることに気づいた。

【雑記】 徒然&本誌感想など

いつもたくさんの拍手やコメント、閲覧ありがとうございます!
とっても励みにさせていただいております。

こちらは、雑談と本誌ACT.233の感想のようなものとなります。


【雑記】パソコンこわれました

出先でお話を書こうと持ち出したのが裏目に…
パソコンが起動しなくなりました。

書きかけでローカル保存していたものはもちろん、パソコン自体死んだので真っ青に…
とりあえず明日データリカバリできないか、ショップに持って行ってみようと思います。

ショック大きすぎる…


コトノハの続き死亡二度目とか、もう笑うしかないって感じです(涙

続きもの以外で何か浮かんだら別パソコンで書いてアップするかもしれませんが
明日の状況次第ではコトノハの続きはすこしじかんをいただく可能性も。
どうぞお許しくださいませ


(iPadminiより)

トコシエトセツナ

コトノハの続きを書いていたのですが、原稿を誤って削除し真っ青に。
気持ちがくじけ、先日ちらりと降った雪を眺めながら考えたSSSを形にしてみました。


家にありし櫃に鑠さし… (後編)

重く、厚く、のしかかってくるようなねずみ色の空。
その中をちぎれた黒雲がゆっくりと流れていく。
雨はまだ降りだしていないけれど、それもきっと時間の問題だろう。

家にありし櫃に鑠さし… (前編)

※2016.2.18一部改稿しました

書きたいネタにリンクする和歌に出会い、一気に筆を進めました。勢いで書いているので、後ほど改稿するかもしれません。
和歌とお話では男女が逆で、こちらはキョコ視点のお話となります(和歌の歌い手は男性です)。
このあと蓮視点のお話が続く予定です。


レモンとチューリップ 後編 ~2016バレンタイン~

プルタブを開けて啜った紅茶は思いのほか甘かった。
(あれ?)
どうやら間違えて買ってしまったらしい。

レモンとチューリップ 前編 ~2016バレンタイン~

駆け込みで思いついたバレンタイン小話です。
前後編になるので、実際には間に合っていない気もしますが…そこは大目に見ていただけたらありがたいです (ちなみに後編はまだ真っ白。明日UPできるようがんばります!)



ひどく冷たい風が吹き荒れた昨日とは打って変わり、今日の空はどこまでも高く青く澄んでいた。
吹く風も柔らかく、春の気配を強く漂わせている。
ガラスの向こうの日陰はまだ冬の寒さを残しているように見えるけれど、こうして建物の中にいればそれもどこか遠い記憶の欠片に思えて、蓮はふと口元を緩ませた。

【雑記】 徒然&いろいろお返事など

いつもたくさんの拍手やコメント、閲覧ありがとうございます!
とっても励みにさせていただいております。

こちらは、雑談と拍手コメントをくださった方へのお礼となります。


文章修行家さんに40の短文描写お題

他サイト様でみつけたお題ものにスキビ妄想でチャレンジ♪
条件は、①お題に沿って、65文字以内 で 場面を描写、②できるだけ「モノローグ」・「抽象性」・「理論理屈の語り」を排除、③ストーリー性を入れる、とのことですが、②の条件がツライ…(案の定モノローグになってしまってますがお許しを)
時間をみて時折更新していく予定なので、まだ隙間だらけです。(文字数はツールで計算しました)

ねえ

思いつきで一気に書いたお話なのでいろいろアラがあると思いますがお許しくださいませ!
微妙にR18…パス掛けるべきだったかも?
成立後です。



「ねえ。」

少し甘えた声で囁きかけてみたけれど、君はちっともこっちを向いてくれない。

暗香疎影 (後編) ~蓮誕~


……京都?

「京都に行ったの?いつ?でも京都にいく仕事なんかなかったよね?それともなにか…」
疑問が続けざまに口に出た。

暗香疎影 (前編) ~蓮誕~

2/10は敦賀さんの誕生日ですね!というわけで、蓮誕のお話を前後編でお届けします。

暗香疎影…どこからともなく漂う花の香りと月光に照らされた木々の影の情景のことで、梅を暗喩しています。

ハリウッド俳優の父とスーパーモデルの母をもつ俺にとって、子供のころ誕生日は特別な日だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。