スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍幻夜 (3)

「今日はありがとう。ほんとに助かったよ。」

キョーコが各スタッフに挨拶を終え、撮影が無事スタートすると、社が小声で話しかけてきた。
「いえいえ、気になさらないでください。むしろ、私のような者がお二人のお役に立ててうれしいです。」
頭を下げだすキョーコを社はあわてて止める。

スポンサーサイト

蛍幻夜 (2)

「ありがとー!!!キョーコちゃん!俺には君が救世主に見えるよぉ~。」

キョーコの到着が伝わるとすぐ、社がはずむ勢いでやってきた。
「キョーコちゃんがいてくれてほんとによかったぁ~。今まで、どうしようかって大騒ぎだったんだよ。ほら、明日から新ドラマの撮影がはじまるでしょ?蓮のスケジュール目一杯でさ。今日以外予定がとれなくてほとほと困ってたんだ。」

蛍幻夜 (1)

※『蓮キョ☆メロキュン推進!ラブコラボ研究所』参加作品です。


「夏といえば・・・ホタル、かぁ・・・。」

手にしていた教科書をテーブルに置くと、キョーコはつぶやいた。
窓の外からは蝉の声がかすかに聞こえている。
けれども、この都会の真ん中にある事務所では、ホタルなんて当然影も形もない。

彼誰時(かはたれどき)

瞼越しにやわらかい光を感じ、閉ざしていた目をゆっくりと開けた。
締め切ったつもりだったカーテンの隙間から薄い陽射しが漏れている。
開けた瞳にその光が直射し、思わず顔を背けた。

雨が雪に変わるまで (7)

モー子さんにものすごい勢いで詰め寄られ、すべて白状してしまった。

“坊”として敦賀さんの恋愛相談を受けていたこと。
敦賀さんが来月好きな人に告白するつもりらしいこと。
このままはいけないと思って敦賀さんの家の荷物をぜんぶ引きあげてきたこと。

社さん&奏江の受難日?

とある日のラブミー部室。
キョーコと奏江は必死の形相で広報部に依頼されたシール貼りを行っていた。

『オススメ!早い者勝ち!』

来週イベントで配る予定だという、山のような宣材品にひたすらそのシールを貼り続ける作業は精神的にもけっこうしんどい。

Postcard

※『蓮キョ☆メロキュン推進!ラブコラボ研究所』参加作品です。


「あ!今日も来てる。」

郵便受けに入れられた1枚の絵葉書。
蓮さんだ。

雨が雪に変わるまで (6)

(なにがあったんだ?)

1週間に渡る海外ロケ中、ずっと気になっていたのは、最後の電話で耳にした最上さんの声だった。
食事を依頼する俺の言葉に、「わかりました」と承諾してくれた彼女。
でも、その声のトーンが明らかにいつもと違っていた。

やくそく


「すみませんっ!ちょっと車停めていただけますか。」

助手席に乗っていたキョーコが急に声を上げた。
「ん?忘れものでもした?」
蓮が急いで路肩に車を停めると、途端に勢いよく車を飛び出していく。

雨が雪に変わるまで (5)

先月、非公式ながらハリウッドからオファーがきた。

“敦賀蓮”の演技を認められ、監督から直接指名された準主役級の役どころ。
ようやくこの時がきた、そう思った。

相合傘

突然の通り雨。

そのとき蓮は撮影所でドラマ撮影の最中だった。
次の撮影は、ここから10分ほど歩いた別のスタジオを使うという。
困ったことに傘を持っているであろう社は、今会社からの呼び出しで席を外している。

衣装のこともあり、少し思案した蓮だったが、スタジオ内の移動だし、たいした距離じゃないからまあいいか、と傘をささずに歩きだした。

雨が雪に変わるまで (4)

「…で、最近敦賀さんとはどうなってるわけ?」

敦賀さんの家から荷物を引き上げた翌週、キュララ以来3年ぶりにモー子さんと共演するCMの撮影があった。
せっかくモー子さんと会っているのに心が晴れないなんて・・・こんなこと初めて。
無理にはしゃいでみたけれど、モー子さんはそれが似非笑顔だってすぐ気づいたみたい。
触れられたくなかった話をいきなり直球で振られ、思わずサーッと顔が青ざめるのが分かった。

似非紳士vs手練れ男 (4)

「な、な、な、なにするんですか!敦賀さん!!!」

思いもよらぬ蓮の行動に、固まっていた体が一気に解け、キョーコはビクッと飛び上がった。

雨が雪に変わるまで (3)

荷物を抱え、敦賀さんのマンションを出た。
―――これが最後。
通りに出たところで、建物を振り返る。

この3年というもの、当たり前のように足を運び、当たり前のように食事を作り、ときには当たり前のように泊ったりしていたこの場所。
その“当たり前”が今はこんなにも遠い。

似非紳士vs手練れ男 (3)

怖くて振り向けない。
でも振り向かないわけにいかない。


恐る恐る振り返ったキョーコの目に映ったのは、予想通りの人物だった。
しかも・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。