I LOVE YOUをもう一度  (5)

「これ。」
帰り際、さりげなく1枚のカードを渡された。

(え?これってまさか、カードキー?)

I LOVE YOUをもう一度  (4)

食後のコーヒータイムは二人の甘いひととき。
“おつきあい”がスタートしてから2か月余り
二人で過ごす時間はまだそれほど多くないけれど、なんとなくそんな空気が出来上がっている。
私にとってある意味緊張する時間でもあるけれど。

I LOVE YOUをもう一度  (3)

※2016/2/7改稿

「蓮。」

スタジオへ向かう道すがら、隣を歩く社さんが視線も合わせず小声で言った。
暗い廊下には誰もいない。
もちろん、だからこそ口にしたのだろう。

I LOVE YOUをもう一度  (2)

※2016/2/7改稿

立春を過ぎても大気の冷たさは変わらないどころか厳しさを増しているように感じていたけれど、晴天の今日窓から差し込む光は明るく、遠からぬ春を予感させる。
そのことに気づいただけでキョーコの心は不思議と浮き立った。

I LOVE YOUをもう一度  (1)

※2016/2/7改稿

「ずっと好きだった。」
19歳の誕生日、突然告げられた言葉に頭が真っ白になった。